咽頭を守るために|早期発見なら助かる大腸がん|長生きしたいなら

早期発見なら助かる大腸がん|長生きしたいなら

咽頭を守るために

male

初期症状が現れにくい

咽頭は鼻の奥から食道の入り口までの部分のことを言います。咽頭はその部位によって三つに分けることができます。上の側から順番に上咽頭、中咽頭、下咽頭と言います。咽頭がんは咽頭のどの部分にがんができてしまっているかや進行具合などで治療の方法が変わってきます。がんは早い段階で発見し治療を行えば完治することが可能なものです。咽頭がんも一般的ながんと一緒で早い段階で発見し治療を行えば完治し普通の生活が送ることが可能になります。しかし咽頭がんで初期症状が現れるのは中咽頭にできた場合だけです。中咽頭にできた場合でも何か違和感を感じる程度の場合は見逃してしまうこともあります。中咽頭にできた時に現れる初期症状は食べ物を食べるときに痛みや飲み込みにくいなどの違和感を感じます。そのような違和感がある場合は早めに病院を受診した方がよいです。

予防するために

咽頭がんになる原因にはタバコ、お酒、辛いなどの刺激が強い食べ物があると言われています。咽頭の粘膜が常に刺激を受けて傷つき細胞の遺伝子ががん化しやすい状態になっていると言われています。そのため他のがんに比べて日々の生活習慣を見直し改善をすれば予防できると言われています。日常的に喫煙や飲酒の習慣がある場合は徐々に減らしていくことが大切です。最近では禁煙が咽頭がんの予防だけでなく健康寿命を延ばすと言われており、多くの方が取り組み人気があります。これまで喫煙や飲酒、刺激が強い食べ物を好んで食べてきたという方は、通常の健康診断の機会に追加で咽頭がんの健診を受けるとよいです。咽頭がんになってしまった場合でも早い段階で治療を行えば、放射線治療だけで治すことが可能です。