早期発見なら助かる大腸がん|長生きしたいなら

病院の特色

man and woman

都筑区の内科では様々な病気の人が訪れるため、体力のない人はできれば受診の際にはマスクをしておくとよいでしょう。そして、混雑をする日をさけて、受付をしてから病院を退出するなどをして、二次感染をしないようにしておくといいです。

Read More

膵臓に生じるがんの兆候

man

がんの中でもすい臓がんはなかなか症状が現れにくいことで知られており、発見が遅れがちになります。幸運にも早期段階で発見できれば、手術で切除することによって完治を目指すことも可能です。すい臓がんが進行している場合でも抗がん剤をうまく使うことでがんの成長を抑えられますので、治療の可能性は残されています。

Read More

咽頭を守るために

male

鼻の奥から食道まで指して咽頭と言います。咽頭は位置別で名称が異なっており、上咽頭や中咽頭、下咽頭とそれぞれ言われています。がん細胞がここに進行すると咽頭がんになり、その原因として生活習慣の悪化が挙げられるようです。そのため、これを見直すことが予防として有効です。

Read More

RECOMMENDED SITES

  • 医療法人輝鳳会がんのクリニック

    体調の変化を感じたら、すぐに医療機関を受診することが大切ですよ。肝臓がんに関する悩みはこちらで解消しましょう。
  • 大腸がんの基本ガイド

    副作用が少ない方法で大腸がんを治したいですか。最新の免疫療法なら、体への負荷が少ないので安心して治療が受けられますよ!

早期発見で負担の軽い治療

woman

検便で早期発見が可能

大腸がんは、癌の中でも比較的5年生存率の高いものです。初期の発見であれば90%以上、ステージ3aでも80%近くの5年生存率だと言われています。大腸がんの治療では、早期発見の場合は開腹手術を伴わない内視鏡治療が行えるために、入院期間の短縮や体への負担軽減などが可能です。早期発見には定期的ながん検診は欠かせません。大腸がん検診では、便潜血検査を行います。腸内に癌やポリープが出来ると、そこを便が通る際にこすれて出血をします。その出血が便に付着するために、検便でのがん検診が可能なのです。検便は自宅で行うことができ、食事制限もなく2日間分の便を採取するだけの簡単な検査になります。また、目視では確認できないような出血も検知することが出来るために、大腸がん検診は早期発見には非常に有効な手段なのです。

いろいろな内視鏡治療

大腸がんでの内視鏡治療は、器具の先に小型カメラとライトがついた細長い形の手術器具を使用します。カメラに写った腸の内部は、モニター画面に映すことが出来ます。そして経験を積んだ医師が、モニターで確認をしながら腫瘍を切除するのです。大腸の粘膜には神経がないために、切除する際も痛みを感じることはなく、患者さんにも麻酔をする必要はありません。医師と一緒にモニターを見て、会話をしながら腫瘍切除ができる点でも、利点が大きいと言えるでしょう。腫瘍が2cm未満の場合、ポリペクトミーやEMRと呼ばれる内視鏡治療を行う場合が多く、入院を伴わない外来治療が可能になります。また比較的大きな腫瘍の場合は、数日間の入院を伴うESDという内視鏡治療を行います。いずれの内視鏡治療も、患者さんにとっては負担が少ない治療法と言えるでしょう。